タップ加工

M3〜M10まで、それ以外はご相談下さい。
切削、転造とも可能です。
近年は、通常転造のタップが主流になっております。

加工事例

これは、SPHC-Pを使用したナットです。 順送プレスで加工後、タップ加工、メッキ処理を施します。

赤丸の部分が、バーリングですが、ここにM6のネジをたてます。

バーリングは、通常下孔をあけてから、バーリング加工をします。 つまり2工程かける事が多いのですが、弊社は一度にバーリングを 加工する事が多いです。

Copyright © 2011 - 2017 press-okt.com